読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記録帳

日常の体験と、読書、映画の感想を主に書きます。

絵のこと その7

アイズピリ ブルーバックの花瓶

f:id:Julia2015:20150814162509j:plain

 

言わずと知れたアイズピリのリトグラフ作品です。

かつて一世を風靡した、(いえ、もしかしたら今も風靡しているのかもしれませんが)フランスの有名な画家です。

こちらに説明が・・・

Galerie Taménaga | Tokyo - Paris - Osaka

画像検索をしてみると、その色彩の鮮やかさに目がくらむようです。

アイズピリ - Google 検索

ずっとアイズピリの絵が欲しいと思っていましたが、なにせ高いのです。

ちゃんとした画廊ですと、7~8万はするみたいです。ネットオークションで出回っているものも、3~4万は下りません。で、私には分不相応と諦めていたのですけど、これはとても安かったので買えました。安い理由は傷んでいるからです。こちらの画廊のものと比べるとわかります。

https://www.mizoe-gallery.com/products/detail.php?product_id=317

写真ですとわかりにくいのですが、シミや変色が目立ちます。元の持ち主は、長い間湿気のあるところに仕舞いこんでいたようです。額もホコリを被っていました。

これを修復に出すと5万くらいかかるらしいのです。だから、画廊の商品が高いのは当然ですね。

私はとてもそんなお金を掛けることはできませんけど、マットを交換して、額も買い替えました。元の額は黒に近いような地味な紺色だったのです。信じられません。ブルーバックの花なんですよ。装飾的な金色こそ似合う色ではありませんか。

果たして、金色の額に入れると見違えるように映えました。

 

じっと見ていると、「うーん、私が保育所の頃書いていたお絵かきにちょっと似ているな。」とか「アイズピリって、ワンパターン?」とか、いろいろ雑念がわいてきますが、それにもかかわらず、廊下の奥でこの絵をぱっと見た時はいつも新鮮な感動を覚えます。

多分、ハート形の葉っぱのせいだと思います。

 

いつか、お金を貯めて、染み抜きに出すつもりです。