読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記録帳

日常の体験と、読書、映画の感想を主に書きます。

おもいっきりお金の話 その2

続き・・・

クレジットカード整理

銀行口座を整理しようとしていて、ハタと困ったのは、クレジットカードの引き落とし口座になっているせいで、おいそれと解約できなくなっていることです。

クレジット機能付きのカードもいっぱいあって、ざっと数えて8枚もあります。

それぞれ上手に使い分けているかと言えば、決してそうではありません。

デパートのカードなんて、もう10年も使っていません。毎年会費だけを引き落とされているのです。これはいけません。銀行よりもこちらの方を先に整理しなくてはなりません。

イオンカードのように年会費無料のところはいいですけど、「年間いくら以上の買い物をすると会費がタダ」というところや、「年会費を徴収するけど、その代わりにお店の商品券を送ってくる」ところは、買い物をしなきゃ無意味です。さっそくそういうカードを2枚選び、解約手続きしました。最近は電話の音声ガイダンスで解約手続きもできるので簡単です。

 

ちょっと調べてみるとクレジットカードの種類もいっぱいですね。

クレジットカードの種類

クレカ徹底比較マニュアル

系統別に分けたクレジットカードジャンル紹介 銀行系や信販系など

2016年のおすすめクレジットカードはどれ?100枚以上のクレカから、私が自信を持っておすすめできるカードを選んでみました。 - クレジットカードの読みもの

 

TSUTAYAカードニッセンマジカルクラブTカード、ヨシケイニコスカードのように年会費無料で特定の買い物の決済に使うカードは解約できません。

 

問題は、金融機関系のカードです。

年間決まった額の買い物をすれば会費が無料になりますが、ひろぎんDCカードは10万円以上、JAバンクカードは12万円以上です(初年度は無料)。

また、電気料金もしくは携帯電話料金を口座引き落としにしても無料になるのですが、せっかく光熱、通信費を夫の口座に集中させて管理しやすくしているのにまた分散させるのはどんなもんでしょう。うーん早まったか?・・・

 

かくなる上は、このノルマを達成するために、今まで他の銀行で引き落とされていた楽天Amazonのクレジット決済をこの2つのクレジットカードに集中させ、さらに、この二つの金融機関を生活費口座ということに決めて、他のクレジットカードの引き落としもこちらに変えようと、今カード会社から口座の変更手続き書類を取り寄せているところです。

で、後の通帳は解約しちゃおうっと。

・・・うーん、できるのか?

なんだか、余計ややこしくなったような気がします。

通帳も、クレジットカードも、ちゃんと管理できるんでなきゃ作っちゃいけませんねえ。

 

ポイントが他のポイントと交換できる

クレジットカードの整理をするために、今まで読まずにしまいこんでいたカード会社の小冊子を初めて熟読しまして、三菱UFJニコス「DCハッピープレゼント」なるものを見つけました。DCカードのポイントが、他のポイントに振替出来るそうじゃありませんか!

DCカード DCハッピープレゼント|クレジットカードなら三菱UFJニコス

例えば、DCカードのポイント500ポイントが、楽天ポイント2500ポイントになるのです。なんてお得なんでしょう!早速、交換手続きをして、今まで使い道のなかったポイントを楽天市場の買い物に使うことにしました。

変な商品をもらってもしょうがないんで、こんなふうに、金券みたいに使えるのはありがたいことです。他にそんなのがないかと思ったら、ヨシケイニコスでもできるみたいです。ただし、こちらでは1000ポイントが700ポイントに目減りしてしまいます。こちらに一覧がありました。

クレジットカードの評価も高いライフカードは1⇒5ポイントですよ。

解約してしまいましたが。

 

子どもってお金がかかりますね

こんなふうに、ちまちまとしたお金に頭を絞っているときに、息子の国民年金保険料の口座引き落とし通知書が来てがっくり。1年前納で19万1千円です。

先日は、車の車検があって、8万かかったばかりです。

この車、亡き実家の父が16年前に買って以来ほとんど乗っていなかったパジェロミニですが、もったいないのでもらって、名義は母のままにして息子が乗っていました。あと一年動けばいいやという気でいたのですが、4月に切れる車の保険を更新しようとしたら、できないっていうのです。保険の名義人が母なのですが、去年免許を返納してしまったので、本当ならこの保険はその時点で掛け替えてなきゃいけなかったそうなのです。新たに息子名義で保険を掛けると、保険料が1年に10万を超えます。

なんてこった!

4年間の学費と生活費の予算1千万を、なんとか工面してセーフ・・・かと思ったら、思わぬ出費が重なります。「親のスネが齧れるうちは、しっかり齧らせてもらう」と公言している息子にムラムラと腹が立ってきて、

「あのね、生活にはお金がかかるの。何もしなくっても飯食って息してるだけでもこんだけ請求されるのよ。だから、就職できなかったら、バイトを掛け持ちして稼いでちょうだい。とりあえず、こっちに帰るつもりなら、月々の食費3万と光熱費は払ってもらいますからね。」

と言うと、息子は「えーー、そんな!」と絶句しました。甘い・・・。

 

子どもって、メチャメチャお金が掛かる上にほとんどリターンがない投資ですよねー。

娘なんかひどいものです。結婚の準備金を渡したら、それを定期に入れてしまって出せないとか言うので、家具やエアコンの代金を私がさらに払うことになりました。なのに、お米を貰いに来る時か、お小遣いを貰いたい時しか訪ねて来ません。一緒に外食したり買い物したりすると、知らん顔で私に支払わせます。で、ちょっと小言を言うと、私の実家に逃げ込んでお小遣いを貰うのです。

ほとんど不良債権ですね。

不良債権を養うためにせっせと節約をしているのかー!と今更ながらに悟って、人生が虚しくなってきた今日この頃です。