読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記録帳

日常の体験と、読書、映画の感想を主に書きます。

庭のバラ その4

もー、なんたって一芸に秀でてなきゃ

丈夫なのは最低条件。

美しいのは当たり前。

それプラス何かがなきゃ育てる甲斐がありません。

この20年、バラのせいで夏場、旅行に行くこともできないのです。

苦労が報われたという気にさせる何か、

それがなきゃ存在意義がない!

と思い始めた今日この頃・・・

 

で、今年のターゲットは香りです。

今まで香りのあるなしは問題にしていなかったのです。

バラの香りなんて芳香剤で嗅げばいいじゃないって思ってました。

だけど、この度買ったのです。

香り高いバラ

フリュイ

f:id:Julia2015:20150624234424j:plain

バラの家、木村卓功さん作出。2015年発表の最新品種です。

newroses.sankei.co.jp

【特徴】

クリームにローズレッドのグラデーション。コロンとした花形が個性的な最新品種です。花名はフランス語で「果物」を意味するフリュイと命名。まさに果物のような濃厚なフルーツ香も楽しめます。

まだ花は咲かせていませんが、どんな香りか楽しみです。

もう1品種。

アンドレルノートル

f:id:Julia2015:20150624235652j:plain

ベルサイユ宮殿の設計者にちなんだ名前です。

素晴らしいのはその芳香で数々の賞を受賞していることです。

2000年ローマ国際コンクール金賞受賞

2000年イタリア・モンツァ国際コンクール銀賞/芳香賞他2賞受賞

2000年マドリード国際コンクール芳香賞受賞

2000年ジュネーブ国際コンクール芳香賞受賞

2000年ベルギーコルトライク国際コンクール金賞受賞

どんだけすごい香りやねん!

と、待ち遠しくてイライラしますが、新苗なので今はじっと我慢です。

秋に花が咲いたら写真をアップしようと思います。