読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記録帳

日常の体験と、読書、映画の感想を主に書きます。

庭のバラ その3

 花持ちの悪いバラ

忙しくていろいろしなきゃいけない時に限って他のことをしたくなってしまうのは私の悪い癖です。バラにのめり込むのもきっと現実逃避なのでしょう。

 

ということで、また数年ぶりにバラに目覚めた私が目論んでいるのは西側壁面の一新です。

うちの家の西側には、つるバラの新雪が植わっています。「植わって」などと受身な表現をするのは、あまり気乗りがしないままに植えてしまったからです。

純白の花色と半剣弁咲きの花形が美しい銘花。繰り返し良く咲き初心者向き 半日陰でも育つ アーチに最適。

「強健な品種」というラベルの一言が決め手で、うっかり手を出してしまいました。

 

そして、ネットで拾ったこの画像の通りに毎年美しく咲いていたのですが・・・

f:id:Julia2015:20150624094739j:plain

花持ちが悪い!

半端なく悪い!

咲いたと思ったらあっという間に散ってしまうのです。カーポートの床は紙吹雪を散らしたような惨状で、毎朝掃き掃除が欠かせません。

そしてこの花の芳香は大量のコガネムシを呼び寄せるのです。毎日毎日、花がら剪み、掃き掃除、コガネムシの捕殺に追われ、花を愛でている暇などありません。朝コガネムシ、外から帰ったらコガネムシ、合間にチュウレンジハバチとホソオビアシブトクチバ。

身持ちの悪い年頃の娘を持った父親はきっとこんな気持ちに違いない。

と天を仰いで嘆息する日々。花が終わるとどっと疲れて、毎年脱力状態でした。

新雪一本のためにこの有様です。

年々体力もなくなってきたので、とうとう植え替えをする決意をしました。

ごめんなさい新雪ちゃん・・・

 

で、西側壁面を飾るよいつるバラはないかと考えて、すぐに思いついたのはこれです。

f:id:Julia2015:20150624103753j:plain

ピエール・ドゥ・ロンサール

そう、世界ばら会連合世界大会で殿堂入りした超エリート。このクラシカルでゴージャスな色合いといったらどうでしょう。しかも耐病性に優れ、素人でも簡単に咲かせられる強健な性質。そして特筆すべきなのは、つるバラなのに短く切り詰めてH・Tのように仕立てることもできるということです。素晴らしいではありませんか。

そこで早速ピエール様を買いにホームセンターに行ったのですが、なぜか今年に限って見つかりません。「ベルサイユのバラ」シリーズ、などという苗はあるのにですよ。(京成バラ園芸 特設ページ)

 

仕方がないので、車ではるばる岡山の巨大園芸店まで行きました。広大な敷地の売り場で迷いながらバラコーナーにたどり着き、苦労して何千本もの苗の列から探し出して買って来たのでした。

・・・・そして帰ってきてから気づきました。

大ボカ

ラベルに、ブラン ピエール・ドゥ・ロンサールと書いてあったのです。

「ブラン?ブラン、えーっとなんだっけ・・・」と最近とみに記憶力の低下した頭で考えていてようやく思い出しました。

シートン動物記」で、オオカミ王ロボのつがいの白いメスオオカミが確か「ブランカ」と呼ばれていたことを。

オオカミのリーダーロボは悪賢く猟師たちの罠には掛からなかったため、手を焼いた彼らは知恵を絞り、群れの中で特別扱いを受けていた気ままでおバカな妻ブランカに狙いをつけます。そして彼女を捕まえるや、その匂いをつけた罠でロボを陥れようと図り、理性を失ったロボはまんまとその罠に掛かってしまうのでした。

 って、「シートン動物記」はどうでもよいのですが、つまり、ブランって、白ってことじゃん!なんで?

大人気品種、ピエールドゥロンサールの枝代わりです。花色はアイボリーホワイト。ピエールドゥロンサールの特徴を引き継ぎ、黒点病やうどん粉病に強い頼もしい品種です。

あっ、そう。枝変わりなの・・・。

でも、私はピンクのバラが欲しかったんだよー。白じゃないんだよー。ロンサール将軍をお迎えしようとして間違えてブランお嬢様をお迎えしてしまったじゃないの。バカ、バカ、私の大バカ!

新雪の紙吹雪が悪夢のように脳裏によみがえり、1ヶ月ほどしおたれていました。

バラ苗はネットで買うに限る

5月になってから立ち直り、ふと楽天市場で検索してみると、母の日特集の特別セールで鉢植えのピエールがなんと、送料無料の2000円で出ているではありませんか。リベンジで即注文です。

すると、届いたバラは蕾いっぱいの豪華な6号鉢。写真に撮っておかなかったのが残念です。

嘘みたいです。今までホームセンターでヒョロヒョロの苗を買ってだましだまし2年くらい掛けてやっと咲かせてきた苦労は一体何だったのでしょう。ネット通販すごい!すっかり気をよくした私は調子に乗って、ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールまで買ってしまいました。

f:id:Julia2015:20150624134646j:plain

さあ、これでロンサール家の3品種が揃いました。

いったいどこに植えるんでしょうね。わっはっはっは・・・

matome.naver.jp